医師面談レポート

【レポート01】保険会社が見落とした外貌醜状、医師の適切な意見を取りつけ12級の等級認定へ

被害者の方は、歩行中に自動車に撥ねられ、全身を強く打ちつけ、半年以上入院して治療を行いました。
治療は終了したものの、腕や顔面に痛みやしびれが残っており、後遺障害等級14級9号が認定されました。

当事務所にご依頼されたのは、すでに14級9号が認定された後でした。

<サポート内容>

被害者の方と面談したところ、顔面に陥没痕がみられました。本来であれば、陥没痕の有無は後遺障害診断書に記載される必要がありますが、後遺障害等級認定に用いられた後遺障害診断書には記載がありませんでした。

そこで、当事務所では、後遺障害診断書を作成した医師と面談し、交通事故により当該部位に陥没痕が生じる可能性があるか確認し、陥没痕の縦横の長さ、深さを測ってもらったうえ、後遺障害診断書にそれらを記載してもらいました。追記をしてもらった後遺障害診断書を使って異議申立をしたところ、外貌に醜状を残すものとして12級14号が新たに認定されました。

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.