自転車事故の後遺障害立証 | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

自転車事故の後遺障害立証 【鹿児島で自転車事故に遭われた方へ】

自転車事故の後遺障害立証 【鹿児島で自転車事故に遭われた方へ】

自転車が加害者となる事故と自動車が加害者となる事故で大きく異なる点がもう一つあります。

それは、自転車が加害者となる事故の場合は、後遺障害を認定する機関がないということです。

被害者自身が後遺障害について立証・交渉しなければならなくなります

自動車事故の場合は、自賠責保険に後遺障害の認定申請を行い、自賠責保険の認定した後遺障害等級を基準として任意保険会社と賠償金の交渉をします。自動車事故の場合は、自賠責保険で後遺障害が認定されれば、任意保険会社もその等級に基づいて賠償金を支払ってくれることが多く、仮に訴訟となった場合も、裁判所も自賠責保険の後遺障害等級をもとに賠償金を認定することが多いです。

しかし、自転車事故の場合は、自賠責保険がありませんので、後遺障害の認定をする機関がありません。そのため、被害者自身が、医学的証拠を集め、自分の後遺障害がどの程度なのか立証し(この立証は、自動車事故で後遺障害認定申請を行う場合も必要となります)、立証した後遺障害が後遺障害等級の何級に当たるのかを保険会社に主張して、賠償金の交渉をすることになります。自賠責保険の後遺障害等級が無いため、被害者が、後遺障害の残存について、医学的な根拠を具体的に主張して交渉しなくてはならず、自動車事故の場合よりも交渉の難易度は高くなります。

また、裁判においても、自賠責保険の後遺障害等級が無い以上、後遺障害の残存について、医学的な根拠をもとに、残存症状が後遺障害等級何級に当たるのか具体的に立証していかなければ、適正な賠償金が認定されないことになります。

そのため、自転車が加害者となる事故に遭われた被害者の方は、重傷であればあるほど、適正な賠償を受けるために、早期に弁護士等の専門家に相談し、後遺障害の立証の準備をしておく必要があります。

さらに、自動車事故の場合は、自賠法3条により、被害者が加害者の過失を立証する必要が無いのですが、自転車が加害者となる事故の場合は、民法の原則通り、被害者が加害者の過失を立証しなくてはならず、被害者の負担が大きくなります。この点でも、弁護士介入の必要性が高いといえるでしょう。
 

「自転車事故の後遺障害立証」の問題は当事務所にお任せください

当事務所では、自動車事故の被害者の賠償請求する中で培った、後遺障害に関する医学的知識を活かし、自転車が加害者となる事故についても、被害者の方をサポートしています。自転車が加害者となる事故に遭われた被害者の方はぜひ一度当事務所にご相談ください。
 

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.