バイク事故の過失相殺 | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

バイク事故の過失相殺

バイクの交通事故

例えば、追突事故などのように、自分が停車している状況で相手方が勝手に衝突してきた場合、自分には責任が全くない以上、過失はありません。

しかしながら、自分も相手も動いている状況で事故が起きた場合に、一方に過失がないということはほとんどありません。例え自分が優先道路を走行中に、一時停止違反の車両と衝突した事故態様であっても、当事者双方に過失が認められることがほとんどです。

そして、バイク事故は、自動車に比べコンパクトであることから、停車中に衝突される事がほとんどなく、走行中に事故に遭遇するケースが大半であるため、過失相殺の問題は避けられません
 

過失が認められるか、またその程度はどのくらいか、によって賠償金額は大きく変わります

ここで、過失相殺について説明すると、1つの交通事故によって被害者が3000万円の損害を負ったと認められたとしても、この事故の発生に関して被害者にも2割の過失があると認められてしまうと、3000万円の2割である600万円が支払ってもらえなくなります。

そして、バイク事故のように賠償金額が高額になりがちな事故に関して、1割の過失が認められるかどうかによって、示談額が数百万円単位で変動することが多くあります。

そして、事故の発生に関して被害者に過失が認められるかどうか、またその程度がどの程度か関しては、多種多様な事故の発生態様を考慮したうえ、事故に至るまでの当事者の行動が大きく影響を受けるため、その判断には高度な法的判断が求められます
 

「バイク事故の過失相殺」の問題は当事務所の弁護士にお任せください

当事務所では、交通事故に関する訴訟案件も多数解決しているところ、特に過失が争点となる裁判では、当事務所の主張が認められるケースの方が圧倒的に多く、多数のバイク事故の被害者に適切な賠償金をお届けしてきた経験がございます。

このような多数の難しい法律問題を含んでいるバイク事故だからこそ、交通事故を専門的に扱っている弁護士に依頼することが重要です。この点、当事務所では、自動車事故やバイク事故、自転車事故等、交通事故に関するあらゆる事件を多数解決しており、その解決実績は圧倒的です。

バイク事故に遭われた方は、ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
 

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.