80代の女性が普通乗用自動車に撥ねられ、脳挫傷等の傷害を負い死亡した事案 | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

【23】80代の女性が普通乗用自動車に撥ねられ、脳挫傷等の傷害を負い死亡した事案

損傷部位 傷病名 認定等級 獲得金額 手続き 仕事内容 事故の状況
死亡 脳挫傷 死亡 1968万円 訴訟 無職 歩行者

事故発生からご依頼までの流れ

80代の女性(以下「被害者」といいます)が、夜間に幹線道路の横断歩道がない場所を横断していたところ、前方不注視の普通乗用自動車に撥ねられ、脳挫傷等の傷害を負い、救急搬送されました。
しかし、治療の甲斐なく、事故で負った傷害が原因で、事故当日に亡くなられました。

相談・依頼のきっかけ

相談は、被害者の相続人の代表者の方からの相談でした。加害者側の保険会社から提示された賠償金が適正なものか判断できない、保険会社の対応に誠意が全く感じられず、交渉がつらいとの理由で相談に来られました。なお、被害者の相続人は4人おり、相続人の皆様からご依頼を頂戴しました。

サポートの流れ【示談交渉サポート】

保険会社が提示した賠償金額を確認したところ、保険会社側は自賠責保険の基準で賠償金を算定していましたので、裁判では認められない逸失利益を一定額損害とし計上していましたが、慰謝料が裁判基準よりも著しく低額であることがわかりました。そのため、保険会社の提示した賠償金総額は、裁判基準で計算した賠償金総額よりも、著しく低額なものとなっていました。

そこで、当事務所は、逸失利益については、当初の保険会社の提示を維持した上で、慰謝料について裁判所基準で示談することを目標に、保険会社と交渉を行うこととしました。しかし、保険会社側は、交渉段階であることに理由に当初の提示額から賠償金を一円も上げようとしませんでした。

本件交通事故は、過去の裁判例からすると被害者側にも一定の過失相殺をされるのがやむを得ない事故態様でしたが、保険会社側は、自賠責保険の基準を用いて損害を算定していましたので、過失相殺をせずに賠償金を提示していました(自賠責保険の基準では被害者に一定の重過失がある場合に限り賠償金が減額されます)。

そこで、当事務所は、本件交通事故の過失割合を検討した上で、裁判において過失相殺をされたとしても、得られる賠償金が保険会社提示の金額よりも高額になると判断し、訴訟を提起することとしました。また、裁判になった場合、逸失利益が認められない可能性が高いという事情もありましたが、逸失利益が認められないとしても、裁判において得られる金額が大きいと判断しました。

結果

裁判においては、慰謝料の金額等が主な争点となりました。
最終的に、和解で終結しております。

慰謝料については、相手方より、被害者は一人暮らしのお年寄りなので、遺族固有の慰謝料は認められないとの主張がありましたが、最終的に当事務所の主張する金額とほぼ同額で和解することができました。
また、今回の和解では、遅延損害金1年分及び弁護士費用についても計上されています。遅延損害金及び弁護士費用については、判決になった時に認められるもので、和解では原則として計上されません。しかし、当事事務所が、保険会社の対応によりやむを得ず訴訟提起に至ったこと、事故から一定の期間が経過していること等を主張した結果、遅延損害金及び弁護士費用を和解の内容に計上することができました。

以上のような訴訟活動の結果、当初の保険会社提示金額よりも、約1131万円多い金額で和解に至りました。 なお、逸失利益については、裁判所の基準では認められない事情がありました。

【当事務所の示談交渉サポートを受けた場合と受けなかった場合の比較】

  サポートなし サポートあり 備考
治療費 35万円 35万円  
慰謝料 350万円 2000万円 赤本基準
葬儀費用 100万円 139万円 赤本基準
逸失利益 387万円 0円  
過失割合控除 0% 20%  
既払い額 35万円 35万円  
弁護士費用 - 170万円 赤本基準
遅延損害金 - 94万円  
合計額 837万円 1968万円  

※千円以下は四捨五入しております。

解決のポイント

被害者が一人暮らしの高齢者で近親者が少ない場合、裁判においても慰謝料は通常よりも低く計上される傾向にあります。この点、当事務所では、相続人が、被害者と頻繁に連絡を取っていたことや、仲が大変良かったことを丁寧に主張、立証し、裁判所および加害者側に裁判所の基準通りの金額を認めさせることができました。

依頼人が早期の解決を望んでおりましたので、和解も視野に入れて訴訟活動を行いました。その結果、訴訟提起から約5ヶ月で、判決の場合に見込まれる金額とほとんど変わらない金額で示談しております。

交通事故の死亡事案では、保険会社によっては裁判基準よりも著しく低い金額の賠償金を提示することがあります。 今回の事件のご遺族の方のように、保険会社の提示額が適正なものかわからない、あるいは提示額に不満があるという方は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。



その他の解決実績はこちら

部位別に探す

交通事故 部位別解決事例

頭部(脳)

顔(目・耳・鼻・口)

首(頸椎)

肩

脊髄・脊柱(胸椎・腰椎)

腰(腰椎)

上肢(腕・肘・手)

骨盤(股関節・大股)

膝(靭帯)

下肢(太もも・足先)

右図のご興味のある丸部分をクリックしてください。
各部位の解決事例をご覧頂けます。

死亡事故の解決事例はこちら >

高次脳機能障害の解決事例はこちら >

後遺障害の認定等級で探す

損害賠償金額で探す

手続きの種類で探す

手続き

被害者の事故の状況で探す

被害者の属性で探す

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.