原動機付き自転車で走行中に普通貨物自動車と衝突し、左腓骨遠位端剥離骨折の傷病を負った方の事案(2.5倍) | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 交通事故解決実績
  • 原動機付き自転車で走行中に普通貨物自動車と衝突し、左腓骨遠位端剥離骨折の傷病を負った方の事案(2.5倍)

【43】原動機付き自転車で走行中に普通貨物自動車と衝突し、左腓骨遠位端剥離骨折の傷病を負った方の事案(2.5倍)

損傷部位 傷病名 認定等級 獲得金額 手続き 仕事内容 事故の状況
下肢 左腓骨遠位端剥離骨折 14級9号 485万円 示談 介護従事者 バイク

事故発生からご相談までの流れ

鹿児島市在住の男性が自車線を走行していたところ、駐車場から加害者運転の普通貨物自動車が飛び出してきたために衝突し、左腓骨遠位端剥離骨折の傷病を負いました。

依頼人は、懸命にリハビリに励んだものの、症状が完全に回復することは無く、事故から7ヶ月ほど経過した時点で、医師から「そろそろ症状固定に」と言われました。

相談・依頼のきっかけ

依頼人は、医師から「そろそろ症状固定に」と言われた際に、今後の生活の保障について不安に思われました。そこで、後遺障害について相談しようと思い、当事務所に連絡されました。

残存症状についての立証や後遺障害診断書の書き方について専門家のサポートが必要な状況であったことから、そのまま御依頼頂くことにしました。

サポートの流れ(後遺障害認定申請サポート+示談交渉サポート)

まず医師の判断で症状固定となったことを確認し、それと合わせて、診断書や診療報酬明細書などの記録一式を保険会社から取り寄せて、後遺障害等級の認定のために残存症状の立証設計を行いました。

残存症状として、関節可動域制限、歩行制限、運動制限は無いか、膝関節の動揺は見られないか、骨折に伴う神経症状が見られないか、といった点を、まずは御本人様から伺うことにしました。
合わせて、その残存症状の原因について御本人様が自覚するところを聴取しました。

その結果、12級7号や12級13号といった後遺障害等級ではなく、14級9号の後遺障害等級の認定を目指すことが適切であると判断し、立証設計に移りました。
その中でも、示談交渉や裁判の際にできる限り依頼人に有利に働くように、後遺障害診断書の作成に際して医師の所見を拾い上げていくことにしました。

結果

認定された後遺障害等級は、当初の予想どおり、14級9号でした。
一方、保険会社との示談交渉に際しては、後遺障害認定申請の際に使用した医学的証拠を余すことなく用いることによって、以下のとおり、当事務所のサポートが無かった場合と比べて、大きく上昇した金額で示談することができました。

【当事務所のトータルサポートを受けた場合と受けなかった場合の比較】

  サポートなしの場合 サポートありの場合 備考
入通院慰謝料 106万円 214万円 1.8倍
休業損害 8万円 79万円 9.8倍
後遺障害慰謝料 32万円 110万円 3.4倍
逸失利益 43万円 82万円 1.9倍
合計額 189万円 485万円 2.5倍

※上記「サポート無しの場合」の金額は、自賠責保険の基準をもとに算定しています。
※実際に受け取った金額は、上記金額に過失相殺を適用した金額となっていますが、過失割合についても、基本過失割合よりもこちらに10%有利な割合で示談しています。

解決のポイント(所感)

適正な後遺障害等級をスムーズに認定してもらうには、治療期間中から専門家に少なくとも相談することが必要です。
骨折された方は特に治療期間中に相談にお越しいただいたほうがいいです。

というのも、骨折自体は治ったけれども骨折部位が痛くて関節を満足に動かせないという方は多いと思いますが、「痛くて動かせない」方は、どんなに頑張って医師の協力を得ても、認定される後遺障害等級は14級9号が限度だからです(肋骨骨折の方など、非該当になる方もときどき見受けられます)。

この方は「痛くて動かせない」ということを自覚していらっしゃいましたので、14級9号の後遺障害等級に照準を合わせましたが、もし「動かしたくても動かせない」のであれば、早期に専門家に相談することをお勧めします。
認定される後遺障害等級が変わってくる可能性もありますし、認定される後遺障害等級は変わらなくても支払われる賠償金が大きく変わってくる可能性もあります。
 

このページをご覧になった方の中にも、「医師から突然症状固定と言われたけれどもこれからどうしたらいいか分からない」という方や、逆に「保険会社から治療費の打切りを宣告されたがまだ治ってないので引き続き治療に行きたい」と思っていらっしゃる方も多いと思います。そのような方は一度、当事務所にご相談にいらっしゃってください。

また、繰り返しになりますが、骨折して関節を「動かしたくても動かせない」状態に陥ってしまった方は、お早めに専門家に相談することをお勧めします。

お客様の声(アンケート)

お客様の声



その他の解決実績はこちら

部位別に探す

交通事故 部位別解決事例

頭部(脳)

顔(目・耳・鼻・口)

首(頸椎)

肩

脊髄・脊柱(胸椎・腰椎)

腰(腰椎)

上肢(腕・肘・手)

骨盤(股関節・大股)

膝(靭帯)

下肢(太もも・足先)

右図のご興味のある丸部分をクリックしてください。
各部位の解決事例をご覧頂けます。

死亡事故の解決事例はこちら >

高次脳機能障害の解決事例はこちら >

後遺障害の認定等級で探す

損害賠償金額で探す

手続きの種類で探す

手続き

被害者の事故の状況で探す

被害者の属性で探す

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.