平成26年8月


【相談33】四輪車と四輪車の事故(頚椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性尺骨神経麻痺)


昨年12月の事故です。 知人を待つために、自動車を路肩に停車していたところ、後方から追突されました。
加害車両の運転手は居眠りをしていたらしく、相当なスピードでぶつかってきました。

事故直後から、頸や腰の痛みがありましたが、最もひどかったのは、左手の痺れや痛みです。

左手については、骨に異常がないのに、小指や薬指が曲がったままの状態で、握力もかなり低下しました。

その後、仕事にも支障が出たことから、病院で左手の手術をしてもらいましたが、
痺れや痛みはとれたものの、小指や薬指は依然として曲がったままの状態で、握力も戻りませんでした。
感覚が事故前と違うため、左手では、小さいものが掴めません。

医師や保険会社からは、そろそろ治療を終えて、後遺障害の申請をしたらどうかと言われていますが、
手続きの仕方がわかりません。また、今後保険会社から、適正な賠償金を払ってもらえるのかも不安です。

医師は外傷性尺骨神経麻痺と診断しているようですね。
まず、適正な後遺障害等級を認定してもらうために、医療照会等によって、医学的な証拠を集める必要があります。
また、外傷性尺骨神経麻痺を他覚的に立証するために検査を受けてもらう必要もあります。

医療照会や検査については、当事務所で手配を致します。
後遺障害診断書についても医師と相談しながら、適正なものを作成してもらいます。

保険会社との賠償金の交渉については、当事務所の弁護士が担当致しますのでご安心ください。

 

【相談34】自動車同士の事故(外傷性頸部症候群・腰椎捻挫)


半年ほど前の事故です。赤信号で停車中に後ろから追突されました。
腰にヘルニアがあって医師は事故による影響ではないかと言っているんですが、
保険会社が認めないので困っています。その一方で、痛みはずっと続いているんですが、
神経学的所見に乏しいので後遺障害等級が認定されるのか不安でもあります。
腰のヘルニアが事故によって発症したのかどうかについては判断が難しいです。

後遺障害等級の認定の可否については、まずは現在の自覚症状と事故から間もない頃の症状を丹念に拾い上げていきます。それから、現在の自覚症状と事故から間もない頃の症状との間の変遷を丁寧に繋げていきましょう。

最終的な書面はこちらで取りまとめますが、相談者様にも是非ご協力頂きたいです。
弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
アルボーレ鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.