• HOME
  • 交通事故Q&A
  • 「交通事故に遭って家事労働ができなくなったのに、保険会社から主婦で収入の減少が無いので休業損害はゼロであると言われたんですが本当ですか?」示談交渉のQ&A

【Q2】 交通事故に遭って家事労働ができなくなったのに、保険会社から主婦で収入の減少が無いので休業損害はゼロであると言われたんですが本当ですか?

Q

交通事故に遭って家事労働ができなくなったのに、保険会社から主婦で収入の減少が無いので休業損害はゼロであると言われたんですが本当ですか?

A

さすがに最近このようなことを言ってくる保険会社は殆ど無いですが、ごくまれにあります。

しかし、最高裁判所は最判昭和49年7月19日民集28巻5号872頁にて「結婚して家事に専念する妻は、その従事する家事労働によって現実に金銭収入を得ることは無いが、家事労働に属する多くの労働は、労働社会において金銭的に評価しうるものであり、これを他人に依頼すれば当然相当の対価を支払わなければならないのであるから、妻は、自ら家事労働に従事することにより、財産上の利益を挙げているのである」「具体的事案において金銭的に評価することが困難な場合が少なくないことは予想されうるところであるが、かかる場合には、現在の社会情勢等にかんがみ、家事労働に専念する妻は、平均的労働不能年齢に達するまで、女子雇用労働者の平均的賃金に相当する財産上の収益を挙げるものと推定するのが適当である」と判示しています。

よって、主婦だから休業損害が支払われないというのは誤りです。

また、兼業主婦の場合であっても、主婦の休業損害を請求することは可能です。
保険会社は給与所得者だからといって主婦の休業損害を支払うことに否定的であることがありますが、実収入額が女子雇用労働者の平均的賃金を下回る場合には主婦の休業損害を請求することは可能です。

ただし、日中はフルタイムで仕事していて、給与所得の減収が無いのであれば、主婦の休業損害が満額認められないこともありますので注意が必要です。

なお、これらは症状固定になったあとの示談交渉での話で、症状固定になる前の内払いの段階はまた別問題です。保険会社も賠償金の総額がいくらになるか分からない状況では払い渋りになることが多いため注意が必要です。



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
アルボーレ鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.