「後遺障害」とそれに伴う諸問題 -介護事故を中心に- | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

弁護士コラム

「後遺障害」とそれに伴う諸問題 ~介護事故を中心に~

  • 後遺障害

2014.04.25

弁護士 黒﨑裕樹

ニュースレター4号掲載

「後遺障害」とそれに伴う諸問題 ~介護事故を中心に~

第4回目のコラムを担当させて頂きます、弁護士の黒﨑です。
私は交通事故案件を多く取り扱っているのですが、そこから派生したお話をさせた頂ければと存じます。

「症状固定」と「後遺症」・「後遺障害」について

皆様がお怪我をされた場合、通常であれば数週間治療に通えば治癒するのですが、まれにどれだけ治療をしてもこれ以上症状の回復が見込めない時期というのが到来します。これを「症状固定」といいます。

症状固定になったあとも残存した症状、いわゆる後遺症について、賠償金としてどう評価されるか、これが最も大きな争点になってきます。

詳細は省きますが、単なる「後遺症」ではなかなか賠償金として評価されず、「後遺障害」と認定されて初めて賠償金として評価の対象になってまいります。
交通事故案件では専ら被害者側に立つので、「後遺障害」として認められるように主張立証しているのですが、それだけ「後遺障害」の仕組みを分かっているからこそ、介護の現場での過誤や工事現場での労災など、会社が損害賠償請求を受けるような事態になったときに、会社側に立って不当要求から事業主様をお守りすることができます。
なかなか馴染みの薄い部分かもしれませんが、いざというときに知っておくとためになる知識です。

介護事故について

今回のセミナーでは「介護事故」に焦点を置いて解説をさせて頂きます。
それは、現代の日本がどんどん高齢化社会になりつつある中で、介護事業というのは最も注目を集める分野だからです。参入を考えていらっしゃる事業主様もいらっしゃるかもしれません。その際に、リスクとして是非知っておいていただきたいのです。

リスクとして知っておいていただければ、どのように社員教育をすべきかであったり、どのような部分に設備投資すべきかであったり、実際に事故が発生してしまったときにどのように対処すればいいかであったり、あらかじめ予測を立てられるからです。

介護事業主様以外の方にもメリットがあります

ただ、今回のセミナーは、介護事業主様以外の方にも是非聞いていただきたいです。

先ほども申し上げたとおり、労災が発生した場合にも「後遺障害」の有無は賠償金の多寡に大きく関わってきます。また、損害賠償請求を受ける側のみならず、例えば、従業員や近所の方が交通事故に遭った場合など、こちら側が加害者に損害賠償請求する場合にも、知っておいて損は無い知識になります。

5月開催のセミナーについては、なかなかとっつきにくい話が飛び交うかもしれません。具体的事例を交えながら、できる限り平易な言葉にて、丁寧に解説させて頂きます。

関連するコラムはこちら

後遺障害に関連するコラム

「車両の損傷が軽微なので 治療費の立替払いを今月で打ち切ります」

当事務所に御相談に来られる交通事故被害者の方で、一定割合、車両の損傷が軽微であることを理由に治療費支払いを打ち切られる方がいらっしゃいます。

  • 後遺障害

2017.04.25

交通事故でむち打ちになった方のために

この記事をお読みの方の中で交通事故に遭った方はそう多くはないと思います。交通事故に遭った方の中でも、骨折以上の傷害を負った方はより一層少ないのではないでしょうか。多くの方は、交通事故に遭ったとしても、いわゆる「むち打ち」症にとどまっているはずです。

  • 後遺障害

2016.08.25

保険会社と交渉していて思うこと

交通事故を担当していると保険会社と色々な話をする機会があります。その中で、たまに明らかに保険会社の説明が誤っていると感じることがあります。その中のいくつかを以下に列挙させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2015.11.25

後遺障害と付き合いながら、「就職する」という選択肢について

交通事故に遭われた方のうち、特に重傷を負われた方は、一生涯後遺障害と付き合っていかなければなりません。弁護士の仕事の中心は賠償金の獲得にあるため、当事務所ではこれまで、示談交渉業務や裁判業務に、さらに続いて後遺障害等級の獲得に注力して参りました。

  • 後遺障害

2015.11.05

事故専門部の業務内容について

今年の4月から事故専門部のリーダーを務めている永渕です。本号では、グレイス事故専門部が得意とする交通事故の案件における後遺障害の立証についてご説明させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 高次脳機能障害

2015.09.25

人工関節・人工骨頭について

交通事故に遭い、上肢や下肢の関節を骨折した場合、骨折の程度によっては、骨折部位の関節を人工関節や人工骨頭に置換しなくてはならないことがあります。

  • 後遺障害

2015.07.23

刑事記録について

交通事故の案件を担当していると、当該交通事故の刑事記録の取付が必要になることが多いです。刑事記録というのは、当該交通事故の捜査のために、警察や検察が収集する資料のことです。

  • 後遺障害
  • 刑事記録

2015.06.08

交通事故によって頭部外傷を負われた方へ~生活支援編~

旧来の弁護士が担っていたのは、基本的に後遺障害等級が認定されたあとの示談交渉や裁判の部分です。しかし、賠償金額は後遺障害等級によって大きく左右されるものであるため後遺障害等級が認定される前、症状が固定する前、治療期間中に専門家に依頼したほうがいいです。

  • 後遺障害
  • 高次脳機能障害

2015.05.21

偽関節(バイク事故の後遺障害)

自転車やバイクに乗車中に、自動車との交通事故に巻き込まれた場合、自転車やバイクの搭乗者は、衝撃を直接受けるため、骨折等の重傷を負うことが多いです。

  • 後遺障害

2015.05.12

医療機関との連携

弁護士の黒﨑です。交通事故に遭われた場合に保険会社から支払われるべき賠償金額は後遺障害等級によって大きく左右されます。そのため、事故に遭われた方の場合、後遺障害等級が認定される前、症状が固定する前、治療期間中から、専門家に依頼して、

  • 後遺障害

2015.04.09

12級と14級

弁護士の黒﨑です。交通事故に遭って鞭打ちや骨折といった傷病を負った方で、治療の甲斐なく後遺症が残存してしまった方について、多くの方がまず直面する問題が後遺障害等級12級と14級の差です。

  • 後遺障害

2014.11.10

醜状障害について

交通事故により、体に傷跡が残ってしまった場合、傷跡が残った部位、大きさによっては、後遺障害と判断されることがあります。いわゆる醜状障害とよばれる後遺障害です。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2014.05.02

「後遺障害」とそれに伴う諸問題 -介護事故を中心に-

第4回目のコラムを担当させて頂きます、弁護士の黒﨑です。私は交通事故案件を多く取り扱っているのですが、そこから派生したお話をさせた頂ければと存じます。

  • 後遺障害

2014.04.25

車の損傷の程度とむちうちなどの症状の大小との関係

鹿児島の弁護士の黒﨑です。今日は交通事故、というか物理のお話をしたいと思います。交通事故に遭ってひしゃげた車を見て、「大きい事故だったんだな」「中の人は大丈夫だろうか」と思われる方は多いと思います。

  • 後遺障害

2013.11.20

後遺障害等級の認定のために今からできること

鹿児島の弁護士の黒﨑です。本日は後遺障害等級についてお話します。交通事故によって傷害を負った場合、まず整形外科に行っていただいて医師に診察してもらうことになります。

  • 後遺障害

2013.10.16



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.