役員報酬と休業損害の関係について | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

弁護士コラム

役員報酬と休業損害の関係について

  • 損害賠償

2017.03.25

弁護士 黒﨑裕樹

ニュースレター39号掲載

役員報酬と休業損害の関係について

会社の代表者の方が交通事故に遭った場合の賠償論とは

会社の従業員が交通事故に遭って会社を休んだために減収になった場合、休業損害証明書を会社が作成して保険会社に提出することによって、年収から割り出した日額に休業日数を掛け合わせた金額が休業損害として保険会社から支払われるのが一般的です(厳密には、障害の内容等を考慮して、休業の必要性や、休業した日と治療日との整合性といった点も考慮されるため、そう簡単な話ではありませんが、ここでは割愛します)。

では、会社の代表者が交通事故に遭って会社を休まざるを得なくなった場合、一般の従業員と同じように年収から割り出した日額に休業日数を掛け合わせた金額が休業損害として支払われるのでしょうか。
また、会社の代表者が交通事故に遭って会社を休まざるを得なくなった場合に、会社の事業が立ち行かなくなり、会社に営業損害が発生した場合、会社が加害者に対して損害賠償請求できるのでしょうか。

会社を休まざるを得なくなった場合、加害者に休業損害を請求できるのか

まず、会社の代表者が交通事故に遭って会社を休まざるを得なくなった場合、役員報酬の減額が無ければ休業損害は発生しておりませんので、会社の代表者が加害者に対して休業損害を請求することはできません。代表者に発生した休業損害を会社が立て替えていたというロジックを活用することも考えられますが、交通事故によって骨折して入院するなど、明らかに休業の必要性が認められる場合でなければ、このようなロジックを使うことは不可能ではないにしても困難でしょう(後述と同様、立て替えた分の全額が認められるわけでもありません)。

よって、会社の代表者が休業損害を加害者に請求するのであれば、まず役員報酬を減額しなければなりません。しかし、減額した役員報酬全額が休業損害として認められるわけではありません。

一つ目のハードルとして、減額の必要性があったか否か、というハードルがあります。このハードルをクリアするためには、役員規程中に、何日休んだらいくら減額するという規定を、就業規則と並行して定めておくのがベターでしょう。
二つ目のハードルとして、一般の従業員と異なり、役員報酬には労務提供の対価だけでなく会社の利益を配当する部分も含まれていて、休業損害の計算に用いることができるのは、この労務提供の対価の部分だけ、というハードルがあります。

背景には、役員報酬は給与よりも一般的に高額であるという考え方や役員報酬は役員の地位に対する報酬に過ぎないという考え方があります。
このハードルをクリアするには、代表者と従業員の職務内容の差、給与と役員報酬の差、会社の規模や事業形態等を勘案して、実質的には従業員と変わりがないことや役員報酬が実質的には労務提供の対価であることといった点を主張立証しなければなりません。

営業損害が発生した場合、会社が加害者に対して損害賠償請求できるのか

一方、会社の代表者が交通事故に遭って会社に営業損害が発生した場合、会社が加害者に対して損害賠償請求できるかという点については、裁判所は否定的です。
会社と代表者個人は別人格であるため、代表者が交通事故に遭っても他の役員や従業員がカバーすることによって営業損害の発生を阻止できる、少なくとも会社に生じた営業損害を加害者に負担させることは加害者に酷すぎる、というのが裁判所の基本的な考え方です。

ただし、一人会社であるなど、会社と代表者が実質的に同一人格であるといった事情がある場合には、例外的に営業損害の賠償が認められることもあります。

ぜひ一度当事務所へご相談ください

会社の代表者の方が交通事故に遭った場合の賠償論は非常に複雑です。また、代表者に限らず、役員の方が交通事故に遭った場合も同様です。
もし身近な方が事故に遭われた場合には、早期に当事務所に御相談にお越しになることをお勧めします。

関連するコラムはこちら

損害賠償に関連するコラム

通勤中の事故と会社の責任

これまでにも、このコラムにおいて、従業員が通勤中に起こした交通事故によって、会社が被害者に対して損害賠償責任を負うことがあるのかということを簡単にご説明したことがございました。今回は、このテーマをより掘り下げてみたいと思います。

  • 損害賠償

2017.09.25

車が盗まれた場合の責任

自分の所有する車が盗まれ、盗んだ犯人がその車で人身事故を起こした場合、窃盗の被害者である車の所有者が、人身事故の被害者に対して損害賠償責任を負うことはあるのでしょうか。

  • 損害賠償

2017.08.25

運行供用者責任について

交通事故の被害者になってしまった場合、加害者に対して、治療費や休業損害、慰謝料、後遺障害逸失利益といった損害の賠償の請求をします。この場合の加害者は、加害車両の運転者であることが一般的です。

  • 損害賠償

2017.07.25

役員報酬と休業損害の関係について

会社の従業員が交通事故に遭って会社を休んだために減収になった場合、休業損害証明書を会社が作成して保険会社に提出することによって、年収から割り出した日額に休業日数を掛け合わせた金額が休業損害として保険会社から支払われるのが一般的です

  • 損害賠償

2017.03.25

損益相殺について

交通事故に遭った場合、加害者側の保険会社から支払われる治療費や慰謝料等の賠償金の他に、労災保険や年金からお金が支給されることがあります。労災保険や年金から支給されたお金は、加害者側の保険会社から支払われる賠償金との関係ではどの様に扱われるのでしょうか。

  • 保険
  • 損害賠償

2016.12.25

保険会社と交渉していて思うこと

交通事故を担当していると保険会社と色々な話をする機会があります。その中で、たまに明らかに保険会社の説明が誤っていると感じることがあります。その中のいくつかを以下に列挙させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2015.11.25

自転車の物損

修習時代からスポーツ用の自転車で友人と一緒にサイクリングに行くことが趣味になっています。また、就職してからは、仕事でも自転車を頻繁に使うようになりました。

  • 損害賠償

2015.05.12

温泉治療について

鹿児島は街中にも温泉がたくさんあり、私も良く利用しています。温泉に入ると心身ともにリラックスでき、体力、気力ともに充実していく気がするものです。

  • 損害賠償

2015.03.11

親族間の事故について

Aさんが、自宅付近でその所有する自動車を運転していたところ、誤って妻であるBさんを轢いてしまい、怪我を負わせてしまいました。AさんはC保険会社の自動車保険(任意保険)に加入していました。

  • 保険
  • 損害賠償

2014.09.10

運行供用者責任について

交通事故の被害者になってしまった場合、加害者に対して、治療費や休業損害、慰謝料、後遺障害逸失利益といった損害の賠償の請求をします。この場合の加害者は、加害車両の運転者であることが一般的です。

  • 損害賠償

2014.08.13

弁護士費用について

交通事故に限らず、法律相談を担当していると、紛争を解決するために支出した弁護士費用を相手方に請求できないかという相談を受けることがあります。

  • 損害賠償

2014.07.03

政府の保障事業について

ひき逃げに遭い、加害者がわからない場合や、交通事故の加害車両に自賠責保険がかけられていなかった場合、被害者としては誰に損害賠償請求をすればよいのでしょうか。

  • 保険
  • 損害賠償

2014.05.20

醜状障害について

交通事故により、体に傷跡が残ってしまった場合、傷跡が残った部位、大きさによっては、後遺障害と判断されることがあります。いわゆる醜状障害とよばれる後遺障害です。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2014.05.02

葬儀費用について

交通事故によって、不幸にも被害者の方がお亡くなりになられた場合、遺族がお葬式の費用を出さなければなりません。このお葬式の費用は、交通事故による損害と認められるのでしょうか。

  • 損害賠償

2014.02.26

事業所得者の休業損害について

事業所得者の休業損害は、通常、事故前年の確定申告所得額を基礎収入額として算定することになります。事業所得者の休業損害でよく問題になるのは、

  • 損害賠償

2014.02.11

好意(無償)同乗について

Aさんが友人の運転する車に無償で乗せてもらったときに、友人の過失で交通事故に遭ってしまった場合、Aさんは車を運転していた友人に損害賠償請求できます。

  • 損害賠償

2014.01.15

評価損について

物損事故について 自動車同士の事故の場合、ほとんどのケースで被害者の自動車が破損し、修理を要する状態になります。いわゆる物損です。当然ですが、交通事故により自動車が破損した場合

  • 損害賠償

2013.11.08

休業損害について

仕事をしている方が交通事故に遭い、仕事を休まざるを得なかった場合、仕事を休むことによって生じた収入の減収分については、休業損害として加害者に請求できます。

  • 損害賠償

2013.10.10

主婦の方の休業損害

弁護士の黒﨑です。私は交通事故チームのリーダーを務めており、今事務所にはどのような案件が何件あるのか、全体像を把握しています。全体としてみると、当事務所では主婦の方が相談に来られることが多いように感じます。

  • 損害賠償

2013.09.17

素因について

初めまして、弁護士の永渕です。交通事故の交渉や訴訟を担当していると、加害者や保険会社が、被害者の既往症や性格等が原因となって損害が拡大しているので、その分は損害賠償額から差し引くべきだという主張をしてくることがあります。

  • 損害賠償

2013.09.12



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.