一括対応について | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

弁護士コラム

一括対応について

  • 保険

2017.05.25

弁護士 永渕友也

ニュースレター41号掲載

一括対応について

治療費の支払や休業損害の支払は、加害者の任意保険が対応するのはなぜ?

交通事故の被害に遭った場合、加害者が任意保険に加入している場合は、通常、治療費の支払や休業損害の支払は加害者の任意保険が対応してくれます。

ところで、自動車については、法律で自賠責保険への加入が義務付けられています。すると、車両同士の事故の場合は、加害者は自賠責保険に当然加入しているわけですが、自賠責保険が治療費の支払や休業損害の支払いを対応せず、任意保険が対応するのはどうしてでしょうか。

自賠責保険と任意保険の違い

まず、自賠責保険と任意保険の違いを説明したいと思います。

自賠責保険は、強制保険と呼ばれ、これに加入していない自動車は運行の用に供することが法律で禁止されています。違反者については罰則も定められています。つまり、自動車を購入した場合は、必ず自賠責保険に加入しなくてはなりません。

自賠責保険は、被害者が負った人身傷害について最低限度の補償をするための保険ですので、法律で定められた支払基準に従い、支払限度額の範囲内で保険金または損害賠償額の支払いを行います。限度額は、傷害に関する損害(受傷から症状固定までに被害者に生じた損害、治療費や休業損害等を指します)については120万円、後遺障害に関する損害については後遺障害等級に応じて75万円から4000万円、死亡に関する損害については3000万円となっています。

自賠責保険には限度額がありますので、例えば治療費が200万円かかったとしても、自賠責保険から支払われるのは120万円までです。

次に任意保険ですが、これは、自賠責保険の支払限度額を超える部分や支払い対象外の被害者の損害をカバーするために、任意で加入する保険です。したがって、任意保険は、自賠責保険の上乗せ保険ともよばれています。お車をお持ちの方は、ほとんどの方が任意保険に加入していると思います。任意保険に加入していない場合、万が一、事故の加害者になった時には、自賠責保険でカバーできない被害者の損害を加害者自身が負担しなくてはなりません。上の例では、治療費200万円のうち80万円を加害者自身が負担することになります。

任意保険が治療費や休業損害の支払いをする理由

このように自賠責保険と任意保険で支払いの範囲がそれぞれ異なるのに、なぜ、任意保険が治療費や休業損害の支払いをするのでしょうか。

もちろん、自賠責保険に、所定の請求用紙に必要事項を記入の上、必要書類を添付して、治療費、休業損害等の請求をすることもできます。この場合、自賠責保険でカバーできなかった損害分を任意保険に請求することになるのですが、被害者が自賠責保険、任意保険にそれぞれ請求しなくてはならず、被害者にとって非常に手間がかかります。そこで、現在の実務では、この手間を省くために、任意保険が被害者に対して、自賠責保険分も含めて、治療費、休業損害等を一括して支払い、その後、任意保険が自賠責保険分を自賠責保険に請求するという取り扱いを行っています。これを一括対応と呼んでいます。

そのため、交通事故の被害に遭うと、加害者側の任意保険が、まず治療費や休業損害等の支払いを行い、被害者の方が自賠責保険とやり取りをすることが無いようになっています。もっとも、過失割合に争いがある事故等は、任意保険が一括対応を行わないこともあります。

交通事故を取り巻く保険の仕組みは非常に複雑ですので、交通事故に遭われた方はぜひ一度、当事務所へご相談ください。

関連するコラムはこちら

保険に関連するコラム

最新の弁護士費用特約について

皆様が加入されている自動車保険では、交通事故を起こした時の被害者への賠償責任の補償のみならず、様々な特約が存在します。例えば、各社によって内容は異なりますが、交通事故が生じた場合、過失に関わらず補償を受けることができる人身傷害保険特約、治療上の必要がなくとも個室ベッドに入院できる差額ベッド代支給特約等、本来の交通事故により生じる賠償とは関係はないけれども、交通事故が生じた時の皆様をサポートするための特約が存在します。

  • 保険

2017.10.25

被害者の方が利用できる制度

交通事故案件を担当していると、治療中に、加害者側の保険会社が治療費の支払いを打ち切ってくる、休業損害の支払いを打ち切ってくるということが少なくありません。

  • 保険

2017.06.25

一括対応について

交通事故の被害に遭った場合、加害者が任意保険に加入している場合は、通常、治療費の支払や休業損害の支払は加害者の任意保険が対応してくれます。

  • 保険

2017.05.25

損益相殺について

交通事故に遭った場合、加害者側の保険会社から支払われる治療費や慰謝料等の賠償金の他に、労災保険や年金からお金が支給されることがあります。労災保険や年金から支給されたお金は、加害者側の保険会社から支払われる賠償金との関係ではどの様に扱われるのでしょうか。

  • 保険
  • 損害賠償

2016.12.25

自動車保険の特約

ニュースレターを読まれている方の中で車を運転している方は多いかと思いますが、自動車を運転する際には保険に加入することは大切です。自賠責保険に加入することは当然ですが、自賠責保険金で補いきれない損害を填補するため、自動車保険に加入することが重要になってきます。

  • 保険

2016.10.25

自賠責保険について

自賠責保険から被害者に支払われる保険金等は、交通事故の損害の補償としては最低限度のものとなります。弁護士が交渉に用いる裁判所の基準で算定した賠償金額と、自賠責保険の基準で算定した保険金等の金額は大きな差があり、前者の方が高額になることから、

  • 保険
  • 過失割合

2016.02.25

TSマークについて

以前に、自転車特有の保険として、TSマーク付帯保険があるという記事を掲載しました。本日は、TSマーク付帯保険について詳しく書きたいと思います。まず、TSマークとは、自転車安全整備士による点検・整備を受けた普通自転車に貼付

  • 保険

2015.03.30

自転車事故と保険

近年、自転車と歩行者の交通事故で、自転車の運転者側に高額の賠償責任が課される裁判例が相次いでいます。自転車が加害車両になる交通事故と、自動車が加害車両となる交通事故とで大きく違う点は、

  • 保険

2015.02.23

弁護士費用特約について

弁護士に事件を依頼する場合、通常、着手金、報酬金といった弁護士費用を依頼人の方に負担して頂くことになります。しかし、交通事故については、弁護士に事件を依頼した場合であっても、

  • 保険

2015.02.04

交通事故と健康保険

交通事故の相談の中には、交通事故の治療のために健康保険が使えるかという内容のものが時々あります。医療機関から、交通事故の治療には健康保険が使えないという説明がされることもあるようです。

  • 保険

2014.12.09

親族間の事故について

Aさんが、自宅付近でその所有する自動車を運転していたところ、誤って妻であるBさんを轢いてしまい、怪我を負わせてしまいました。AさんはC保険会社の自動車保険(任意保険)に加入していました。

  • 保険
  • 損害賠償

2014.09.10

交通事故における労災治療

こんばんは。鹿児島の弁護士の黒﨑です。今日は少し難しい話をさせて頂きます。以下の話に該当する人で、よく分からないと思われた方は、一度当事務所にお越しください。

  • 保険

2014.08.19

政府の保障事業について

ひき逃げに遭い、加害者がわからない場合や、交通事故の加害車両に自賠責保険がかけられていなかった場合、被害者としては誰に損害賠償請求をすればよいのでしょうか。

  • 保険
  • 損害賠償

2014.05.20



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.